> 冬暖夏涼の家

冬暖夏涼の家

冬暖夏涼の家

ダブル断熱(外張り+充填)+最新の全館空調システムを採用した「冬暖夏涼の家」は、エアコン一台で冬も夏も快適な温度と湿度が保たれます。換気システムから家中に送られる空気は、エアコンの気流を感じることなくストレスのないやさしい涼暖房です。
最新技術の全館空調システムに併せて、国内トップクラスの気密性能とダブル断熱の高い断熱性能を有することで、質の高い生活環境が実現します。
外気は空気浄化装置を通して常に新鮮で清潔な空気となって家中に送られます。PM2.5フィルターが花粉はもちろんPM2.5の微細な粉塵も除去し最適な生活環境が保たれます。花粉のシーズンや梅雨時期も洗濯物を室内干しすることができるので、家事の負担も軽減されます。

イメージ

PM2.5や花粉などをシャットアウト!

2層のフィルターが、「PM2.5:98%」「花粉:99.8%」をカット。
新鮮な空気だけを屋内に取り込む換気システムなので、空気清浄機よりもクリーンな環境を維持することができます。
※以下の動画で詳細をご覧いただけます。

 

 

床上30cmに浮遊するハウスダストを排除

通常、ほとんどのハウスダウトは床上30cmのゾーンにとどまっています。
床面排気システムは、壁面や天井の排気ファンよりも効果的にハウスダストを除去します。
※以下の動画で詳細をご覧いただけます。

 

 

外の空気を室内と同じ温度にして取り込むから快適省エネ

空気の温度だけでなく湿度も室内の状況に合わせて交換するので、快適な状態を保ちます。
熱交換率は80%!世界トップクラスの熱交換換気システムです。
※以下の動画で詳細をご覧いただけます。

 

 

フィルター交換が簡単で、お知らせ機能付き!

床面排気口と屋外給気口は手の届く位置にあるため、フィルター交換が簡単にできる設計になっています。しかも、忘れがちなフィルターの交換時期がスイッチに表示されるお知らせ機能付きです。
※以下の動画で詳細をご覧いただけます。

 

「冬暖夏涼の家」の断熱の仕組み

外張り断熱

断熱材が柱・梁の外側にあるため、断熱材が切れ目なく連続し、安定した高い断熱性・気密性が実現できます。

 

基礎断熱

夏は地熱で床から涼しく、冬は基礎と土間のコンクリートが蓄熱層として働き暖かくなります。
夏は、外気より地熱のほうが温度が低いので、地熱に冷やされたコンクリートが床下の空気を冷やし床がひんやりと冷まされます。
冬は、基礎や土間のコンクリートが室温や地熱の蓄熱層としての役割を果たすので、床下から暖めます。

 

高性能樹脂窓

[ A ] YKK APW330 アルゴンガス入り「Low-E複層ガラス」だから熱の出入りを軽減します。
2枚のガラスの中空層とガラス内側の金属コーティングにより熱の伝わりを軽減。単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮します。
夏場の冷房効果を高める遮熱タイプと冬場の暖房効果を高める断熱タイプをお選びいただけます。
 
[ B ] 樹脂だから結露の発生を軽減します。
樹脂の熱の伝わりは、アルミの約1,000分の1。室内外の温度差で生じる結露を大幅に軽減します。

 

お知らせ/見学会・イベント情報一覧へ

スタッフ・ブログ一覧へ

▲ページトップへ